鈴鹿市
エリア
お知らせ・キャンペーン情報

【コラム】浴室のバリアフリー化 ~高齢者のためのお風呂リフォーム~

2024/06/08(土) NEW

こんにちは!かんプロリモデルLaboです。

 

お風呂は高齢者の事故が発生しやすい場所でもあり、安全対策のためにもバリアフリー化は必須!

お風呂をバリアフリーにすれば、介護や生活のサポートをする側にとってもメリットがあります。

 

今回は、当店でもご相談の多い、お風呂をバリアフリーにするためには、どんなリフォームが必要なのかをご紹介いたします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

高齢者の方のためのお風呂リフォームには、安全性と利便性を重視した設計が重要です。

以下は、高齢者向けのお風呂リフォームで考慮すべきポイントです。

 

①手すりの設置

お風呂の入り口や浴槽周りに手すりを設置することで、安定した支えを提供します。手すりは滑り止めのものを選びましょう。

②段差の解消

入浴時の段差をなくすか、なるべく低くすることで、高齢者が安全かつ容易にお風呂に入れるようにします。

③滑り止め床材

お風呂の床には、滑りにくい床材を使用することで、転倒を防ぎます。

④シャワーチェアや浴槽リフトの設置

高齢者が立ったまま入浴するのが難しい場合、シャワーチェアや浴槽リフトを利用して安全かつ快適な入浴をサポートします。

⑤ 温水器の設置

温水器を近くに設置することで、お湯がすぐに出るようにし、高齢者がお風呂に入る際の待ち時間を短縮します。

⑥十分な照明

明るい照明を設置し、お風呂内の見えやすさを確保します。特に移動が制限される高齢者にとっては、明るい照明が重要です。

⑦便利な操作パネル

操作が簡単で使いやすい設計のシャワーヘッドや蛇口を選ぶことで、高齢者がストレスなくお風呂を利用できるようにします。

 

これらのポイントを考慮して、高齢者の方に安心して利用できるお風呂空間を作り上げることができます。

また、これらの部分的なリフォームではなく、高齢者向けの設備が整っているユニットバスに丸ごと交換するという方法もあります。

現在のお風呂が在来工法のお風呂である場合は、気密性が低く寒さを感じやすい在来工法のお風呂から、ユニットバスへ変更することで断熱性アップ!

ユニットバスは床・壁・天井が一体化しているため気密性が高く、寒さが伝わりにくいです。

また浴室の隣にあった押入れスペースを取り払い、浴室スペースを広げ、足を伸ばしてくつろげる浴槽、洗い場も広く快適になります♪

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これらのリフォームを行う際には、専門家やリフォーム業者と相談することも重要です。

鈴鹿市でお風呂リフォームをご検討でしたら、かんプロリモデルLaboにお気軽にご相談ください!

リフォーム事例も豊富に揃えておりますので、お客様からのお問い合わせお待ちしております♪

このお知らせ・キャンペーンについて詳しく知りたい方やリフォームをご検討の方はお気軽にご相談ください
お電話でのご相談も受付中!
0120-175-101
受付時間/10:00~17:00
WEBから無料相談・お見積もり
一覧に戻る
▲ページの先頭に戻る